PERK

serch
スクリーンショット 2019-11-07 18.41.16

VOLVO XC60
for PERK No.34

車の中でじっくり話そう
音楽のこと、人生のこと

2019.11.07 interview

今月号は“音楽”がキーワードだから、いつもと少し違う形でミュージシャンに話を聞いてみた。
最新アルバムを発売したばかりのカネコさんと、アジアツアー直前のネバーヤングビーチ。
仲良し2組のリラックスした会話と笑い声がXC60の車内に響く。

スクリーンショット 2019-11-07 18.42.26

Kaneko Ayano×never young beach

安部勇磨(以下安):最近のアヤノちゃんの人気スゴくない?大きいフェスにもバンバン出てるし。少なく見積もっても、キテる(笑)。
カネコアヤノ(以下カ):(笑)。もっとがんばりたいよ!
安:(カネコさんの最新アルバム『燦々』を聴きながら)林くん※1のギター良いなあ。ちゃんと林くんの色があるね。
カ:勝手に好きに弾いてくれるんだけど、良いよね。
安:僕、林くんと同じバイトしてたんだよ。
カ:知ってる!下北でしょ?
安:そう。西口にあった漫画喫茶。今はもうなくなっちゃったんだけど。僕が林くんに「なんか楽なバイトねえかな……?」って聞いて(笑)。自分たちの好きな音楽流してた。
鈴木健人(以下鈴):林くんには昔からいろいろお世話になってて。お金ない時にご飯とか奢ってくれたり、いっしょに楽器屋に行ってくれたり。
カ:優しいよね。
安:林くんのギターもそうだけど、俺、普段から家でもアヤノちゃんの音源めちゃめちゃ聴いてるよ。『反射する心の底に』とか『踵を踏む度に愛着が湧く』とか、よくこんな歌詞書けるなって思う。言葉も声もアレンジも透明感があるよね。
カ:めっちゃ聴き込んでくれてるじゃん!嬉しい。私もネバヤン好きだよ。……明るいところとか(笑)。
安:明るいって……(笑)。いや!分かるよ。俺も正直、人としては好きでも音楽性を褒めれないバンドのことを聞かれた時って困るから。だからアヤノちゃんが今困ってる気持ちは分かる(笑)。
一同:(爆笑)
カ:そんなことないから(笑)。人のことを褒めるのって難しいんだよ。それと今改めて思ったけど、安部くんって話すの上手だね(笑)。
※1:林宏敏。かつてはバンド〝踊ってばかりの国〞に所属し、現在はカネコさんのバンドメンバーとしてを活躍するギタリスト。
スクリーンショット 2019-11-07 18.43.47
スクリーンショット 2019-11-07 18.44.47

田舎に住みたいんだけど、
車がないと無理だよね。
住むならどこがいい?
―― カネコアヤノ

安:そう言えば前に下北の『ヒッコリー』※2で会ったよね。古着はよく買うの?
カ:うん。でも知り合いのお店ばかりに行っちゃうかな。
安:そうだよね。全然知らない店員に色々薦められても困るよね……(笑)。
カ:そうそう。私の好みを知らないのに、「嘘じゃん!」って思う時もある。
安:今日着てるワンピースも古着?
カ:これは友達に作ってもらったやつ。古着も好きだけど、自分のために作ってくれた服ってやっぱり嬉しい。ライブでも作ってもらった服を着たりしてるかな。
安:でもさ、つい普段着でライブに出ちゃうと、その後なんか着たくなくならない?
カ:それは分かる!
安:オンオフというかさ、私生活がよく分かんなくなるんだよ。昔はライブ衣装っていらないと思ってたけど、最近はある方が良いなって思うようになった。
鈴:衣装に着替えたらスイッチも替わるというか、気合が入ったりもするだろうしね。
カ:あと、お客さんに一発でバレちゃうんだよ。印象的なワンピースのまま出歩くと「ステージで着てたやつじゃん!」ってなるのが嫌だ(笑)。
安:確かに。僕もオレンジ色のニット帽を被ってた頃は一発でバレてた(笑)。

注2:下北沢南口商店街の終わりにある老舗古着屋。メンズ・レディースともにカジュアルなアメリカ古着を扱っている。
スクリーンショット 2019-11-07 18.41.47
スクリーンショット 2019-11-07 18.46.14
安:今まで車の免許なんていらないって思ってたんだけど、最近取らないとまずいなって思うようになったんだよね。
カ:なんで?
安:都心から離れたところに住みたいなって思うようになって、それには車が必要かなって。
カ:私も田舎に住みたいんだけど、車がないと無理だよね。住むならどこがいい?
安:福岡か鎌倉。
カ:この前サンセットライブ※3に行った時に、やっぱり福岡は最高だなって思った。
安:ご飯も美味しいし、市街地から30分くらいで山にも行けるもんね。やっぱり自然を欲してるんだよ。
カ:そうそう。鎌倉も良いよね。逗子とか伊豆も好き。あと平家に住んでみたい。
安:縁側のある平屋って日本人の夢だよね。周りに家がなかったらドラムも叩けるんじゃない?
鈴:縁側でドラム叩きたいよ(笑)。
カ:そんで猫とか犬いるんだよ!
安:そのためにはやっぱり車が欲しい。もしも車を持つならボルボの240か940※4にしたいって決めてたんだけど、このXC60も良い感じだね。僕にはちょっとハイテク過ぎるかもだけど(笑)。
鈴:でも実際に運転してみると本当に乗りやすいよ。エンジン音も静かで会話もしやすいし。
カ:確かに静かだね。あ!さっきからお尻がめっちゃ温かいなと思ったらシートヒーターがオンになってた……(笑)。

※3:福岡県糸島市の芥屋海水浴場で毎夏に開催される音楽フェス。今年はカネコさんもネバヤンも出演していた。
※4:240は1970〜90年代に、940は1990年代に生産されていたステーションワゴンタイプの名作。角張ったルックスが特徴。

 

 

Kaneko Ayano

profile
神奈川県横浜市出身のシンガーソングライター。9月18日に最新アルバム
『燦々』を発売したばかり。東名阪リリースツアーは11月22日から。
instagram:@kanekoayanodayo

 

never young beach

profile
CHAIと巡るアジアツアーがまもなくスタート! この日は安部勇磨さん(ボーカル&ギター)と鈴木健人さん(ドラム)が参加してくれました。
instagram:@never_young_beach_official
スクリーンショット 2019-11-07 19.13.21

¥7,221,297

VOLVO XC60

T5 AWD Inscription

先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を全車に標準装備しているので女性も安心して運転できるXC60。スウェーデン発のボルボらしく、レザーや木目のナチュラルな内装から感じられるスカンジナビアンデザインも魅力。

 

 
PHOTO_ Okabe Tokyo
HAIR&MAKE_ Risako Yamamoto

information

ボルボ・カー・ジャパン

0120-55-8500

http://volvocars.jp