PERK

serch
P128-129-A

VALERIE PHILLIPS

ヴァレリー・フィリップス
ガーリーフォトの旗手が キャリア総括の写真集を発売

2016.09.08 art

本誌でもお馴染みのモデル、サラ・カミングス(左ページ中下写真)を被写体にした
クールな写真集でも知られる女性写真家、ヴァレリー・フィリップスが
自身の約20年間に及ぶキャリアを総括する写真集を発売する。
ここではヴァレリーとも親交の深いマージナル・プレスの大智さんによる推薦文、
そして本人のインタビューを紹介! ガーリーフォトのピュアな魅力に触れてみて。

P128-129-B
P128-129-C
P128-129-D
P128-129-E
P128-129-F
P128-129-G

個性的な女の子たちの魅力をそのまま写真に収める天才

私は4年前からヴァレリーの自費出版のジンや作品集の日本での流通にたずさわり、彼女の作品を見てきた。作品を通して伝えたいメッセージやコンセプトといったものをあまり好まない彼女は「見る人それぞれ自由に感じて受け止めてほしい」と言っていた。だから私がヴァレリーの作品を通して感じたことは誰しもに当てはまることではないことかもしれないけれど、私は自分自身に対してこんなことを心に留めた。

・「自分らしくいること」
・「素直に自分を表現してエモーショナルに生きること。でも、できるだけハッピーでいること」
・「欠点は最大の武器になりえる」

彼女の写真が私たち女性を惹き付けてやまないのは、自分の個性を愛して生きているありのままの女の子たちの姿が写し撮られているからだと思う。仕事でセレブやプロの人気モデルを撮ることもあるけれど、ヴァレリーがプライベートワークのために選ぶモデルは一般的な美の基準からは少し外れている女の子がほとんど。10人中10人が声を揃えて「美人」と言うことはないかもしれないけれど、とても個性的でチャーミングな女の子たち。ヴァレリーはそんな子たちの魅力をそのまま写真に収める天才だ。女の子たちはカメラの前で飛んだり跳ねたりおどけたり、子供のように無邪気に振る舞う。そしてヴァレリーも被写体と同じ目線で、まるで女友達同士でふざけ合うかのようにシャッターを切る。その結果、不思議なことに一般的には欠点と見なされるようなことが彼女たちをより一層魅力的に見せていることに気がつく。だからヴァレリーの作品を見た多くの女性が彼女の作品に対して「かわいい」と言うのは、きっとモデルの目鼻立ちやスタイルに対してではなく、女の子の持つ雰囲気や生き生きとしたオーラのようなものによるのだろう。

私たちはみんな他人とは違う。その違う部分を「個性」と呼び、その個性を「良い/悪い」と判断するのは結局は自分自身。他人の自分に対する意見だって十人十色なんだから、それにいちいち振り回されていたら自分がわからなくなってしまう。だから少しでもハッピーに生きるには、まずは自分の個性を愛すること。彼女の作品を通してこんなことに気づかされ、勇気づけられた。「そのままの自分を愛して」と言われているような気がしたから。

「この本を自分にとって幸せな体験にしたかった」

—タイトルを『Another Girl Another Planet』にした理由は?
これは私の大好きなロンドンのポストパンクバンド、The Only Onesの曲名からとったの。世界中の女の子を撮りためていた私のコレクションにピッタリだと思ったから。

—掲載する写真を選んだ基準は?
お気に入りの写真を選んだというのはもちろんだけど、私はこの本を自分にとって幸せな体験にしたかった。だから私と女の子がともに過ごし、夢を見て、すべてを作り上げていった素晴らしい撮影の中でも、本当に楽しい瞬間だったと記憶している写真を選ぶようにしたわ。

—あなたが女の子を撮影するとき、被写体を選ぶ基準はありますか?
とても本能的よ。何も決めずに、まずは女の子に出会って話すことから始めるの。彼女たちがどんな人物で、何を考え、私が撮影する写真にどんな奇妙な魔法をかけてくれるのかを知るためにね。幸運にも私がこれまでに撮影してきた女の子たちはみんな頭が良くて、面白くて、ちょっと変わっていて、予想もつかないことをするような子たちだった。私の期待以上の驚きを写真に加えてくれたわ。

—撮影時に心がけていることは?
私はどんなシチュエーションにも同じ方法で臨むわ。何も計画しないこと。あらかじめ決められたムードボードや物語なんて大嫌い。だって私はその女の子のこと、彼女の頭の中の世界、身の周りのこと、彼女がどうやって笑うのか、彼女に会ってみるまでは想像もできないようなことに興味があるんだから。

—今後東京で撮影するとしたら、どんな女の子を撮影したいですか?
ヴィンテージファッションやパンクのスタイルに、ハンドメイドの洋服をMIXしたようなクールな女の子たちを東京で見たことがあって、彼女たちの個性的なスタイルやマインドには本当に感銘を受けたの。ぜひいっしょに撮影してみたいわね。

information

51K0quJF4AL

『Another Girl Another Planet』

(DU BOOKS 発売中)

208ページにも及ぶ大ボリュームの本書にはガーリーフォトの魅力がギッシリ。10月9日には代官山蔦屋で来日記念サイン会を行なう予定なのでお楽しみに!