PERK

serch
1 のコピー

UNTISHOLD Debut Collection

モダンとヴィンテージの融合。
毎日でも履きたいフットウェア

2018.12.27 fashion

良い靴は素敵な場所に連れて行ってくれる。
そんな言葉があるように、日々の相棒である靴はとっておきのものを選びたい。
2019年春夏にデビューするフットウェアブランド「UNTISHOLD(アンチショルド)」は
長時間履いても疲れない機能面と、女性の脚を美しく見せてくれるヒールのディテール、
さらにはヴィンテージアイテムから着想を得たデザインなど、
アクティブにライフスタイルやファッションを楽しむ
ダウンタウンガールにおすすめしたい東京発の新シューズブランド。
毎日でも履きたくなる「アンチショルド」の靴の魅力をご紹介します。

1

4 のコピー

3
5

2 のコピー
PHOTO_Tsukasa Kudo

タフに履けるスペックと
タイムレスなデザインが魅力

 街に出かけるとき、長時間履いても疲れない靴があると頼もしい。かつ見た目にもこだわりのあるものなら、人と違うおしゃれを楽しめる。アンチショルドの靴は、太めで安定感のあるキューバンヒールに加えて、低すぎず高すぎない7cmヒールで、疲れにくいだけじゃなく立ち姿まで美しく見せてくれる機能的なデザイン。ワードローブに溶け込みやすいよう、シンプルな見た目ながら、つま先のディテールやモチーフは、ニューヨークのとあるヴィンテージショップからヒントを得て作られたというエピソードも。モダンな機能性と時代を超えても愛されるヴィンテージの要素がミックスされた、タイムレスな魅力を放つ靴。ラグジュアリーな印象にもなるヒール靴は少し抵抗があるけど、ヴィンテージのクラシカルな要素がある靴なら、日常で履いてファッションを楽しめるはず。
 さらに、足に馴染みの良い本革が使用されており、馴染んだ後でもできるだけタイトなサイズ感とシルエットが保てるよう計算されているというこだわりよう。足に合わないと履かなくなってしまう革靴にあるあるの悩みも解消されるのが嬉しい。
 
 そんな日々に寄り添ったアイテムスペックに合わせて、「日常と靴」をテーマにお披露目されたデビューコレクションビジュアルを手掛けたのは、クードスと、スドークのデザイナーでありフォトグラファーの工藤司さん。日常の些細なヒントから美しく女性を切り取る工藤さんだからこその、日常の空間でファッションを楽しむ女性を魅力的に表現されたビジュアルとなっている。「アンチショルド」=造語で「散らかった玄関」を意味するその言葉どおり、お気に入りの靴達が散らかっている玄関のような、日々を共にしたいラインナップにぜひ一度出会ってほしい。そんな「アンチショルド」のおすすめアイテムをさらに詳しくご紹介!

 

< Naty >

C85R2757honban2
厚みと強度があるキップレザーを使用しており、上品でクラシカルな素材感が特徴。日本人の足に馴染みやすいソフトスクエアトゥは、モードな印象も醸し出すのでビジネスだけでなくセミフォーマルなシーンでも活躍しそう。履くと足首ほどの長さで、幅広いボトムに合わせやすい丈感も魅力。
ブーツ[Naty]¥51,840

 

< Romeo >

C85R2754honban2
履くほどに色に深みや艶が出る、柔らかいバケッタレザーを使用。履き口にゴムが施されているので楽に着脱ができるところも嬉しいポイント。ウエスタンブーツがデザインのモチーフになっているとこもおもしろい。
ブーツ[Romeo]¥45,360

 
アイテム選びもトレンドより自分の個性に合わせてピックアップする今、わがままにこだわりたいあなたに、「アンチショルド」でお気に入りの1足を見つけてみては?日本ブランドだからこそ叶う日本人の足に合う履き心地と、シンプルだけどデザイン性もあるフットウェアなら、気張らず日々のおしゃれを楽しめそう!新しい年の幕開けは、とっておきの靴で迎えて。

 
PHOTO_Kazuma Seto(horizont)
TEXT_Runa Tanaka

information

お問い合わせ _  info@the-matt.com(エムエイティティ)

WEB _ https://untishold.com

Instagram _ https://www.instagram.com/untishold_official/