for PERK no.27 issue" /> for PERK no.27 issue" /> for PERK no.27 issue" /> 藤原ヒロシさんがディレクション銀座に世界でひとつの“コンビニ”ができました – PERK

PERK

serch
スクリーンショット 2018-08-20 18.10.47

Tokyo New Spot "THE CONVENI"
for PERK no.27 issue

藤原ヒロシさんがディレクション
銀座に世界でひとつの“コンビニ”ができました

2018.08.24 fashion food interview magazine store

昨年までコンセプトストア「ザ・パーキング銀座」があった
ソニービルの跡地(Ginza Sony Park)に藤原ヒロシさんが
またあたらしい遊び場を作ってくれた。
その名も「ザ・コンビニ」。
何やら可愛い商品が盛りたくさんです。
アッと驚く店内は行ってみてのお楽しみ!

約707㎡のフラットな地上部と、地下4層の「ローワーパーク(Lower Park)」という旧ソニービルの特徴的な構造を残しつつ、あたらしく垂直立体公園として生まれ変わった「Ginza Sony Park」の一角に「ザ・コンビニ」はある。
これまでにインスタやインタビューで度々コンビニ好きを公言していた藤原ヒロシさんが自らコンビニを作ると聞いて、もちろん普通のコンビニじゃないとは思っていたけど、ペットボトルに入れられたTシャツや、ジュース缶に入れられたショルダーバッグなど、想像の斜め上を行くユニークなアイテムばかり。今回撮影した商品の他にもまだまだあります(人気ブランドとのコラボアイテムなども)。内装ももちろんコンビニを意識していて、お馴染みの本棚には古本などが陳列されるのだとか。8月9日にオープンしたばかりなのでしばらくは混雑が予想されるけど、こうしてあたらしく“街に出る理由”が生まれるニュースにはやっぱりワクワクしてしまう。

スクリーンショット 2018-08-20 18.10.47

CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)を採用した鮮やかなカラーデザインも「ザ・コンビニ」の特徴のひとつ。Tシャツの他にもパーカやタオルやバンダナが複数展開されるようなのでお楽しみに!
Tシャツ 各¥8,640 ※ペットボトルに入った状態で販売されます、ショルダーバッグ 各¥5,400 ※缶に入った状態で販売されます、ショッパー 各¥5,940 ※缶に入った状態で販売されます、レインポンチョ ¥6,480、プラスチックカップ(4色1セット)¥3,240、プラスチックプレート(4色1セット)¥3,240、歯ブラシ 各¥648(すべてTHE CONVENI/ジュンカスタマーセンター)

 

よくよく考えるとコンビニって
変わった日本文化ですよね

以前「retaW(リトゥ)」というフレグランスレーベルのショップ(表参道)を建築家の荒木信雄くん(The Archetype)と作った時に、コンビニのジュース棚みたいなものを什器として使ったんですけど、今思えばその頃からコンビニっぽいお店っていうアイディアはずっとあったのかもしれません。よくよく考えるとコンビニって変わった日本文化ですよね。「ザ・コンビニ」も内装は彼がやっています。僕は明るい蛍光灯のコンビニが好きだから明るくしてほしいけど、それも荒木くん次第かな(笑)。商品に関しては実際のコンビニで売っているようなモノの販売もあるし、オリジナルのTシャツやバッグをコンビニっぽくパッケージしたモノもある。雑誌に関しては、「magnif」に協力してもらい、季節感を合わせたノスタルジーを販売します。

スクリーンショット 2018-08-20 18.11.09

Hiroshi Fujiwara

1964年生まれ、三重県出身。音楽からファッションまで広範囲で活躍するマルチクリエイターであり、京都精華大学では客員教授を務めるなどその活動は多岐に渡る。最近はモンクレールとのコラボも話題になったばかり。

information

THE CONVENI(Ginza Sony Park)

住所_東京都中央区銀座5-3-1 B1

営業時間_11:00~19:00

TEL_0120-298-133(ジュンカスタマーセンター)

URL_http://theconveni.com

Instagram_@theconveni