PERK

serch
P088-089〈SKATE KITCHEN〉DE

SKATE KITCHEN from N.Y
for PERK no.28 issue

世界に向けて カルチャーを発信する
フィメールクルーの魅力

2018.10.18 event fashion magazine

人生には誰だって、好きなものに夢中になれる瞬間がある。
そのアプローチは千差万別。もちろん孤高を貫くスタイルがあっていい。
でも同志とのセッションを経て生まれるエネルギーには
時代を変えてしまうくらいの凄まじいパワーがあるのかもしれない。
1人じゃ成し得なかったことも、仲間となら。
海の向こうでセンセーションを巻き起こしているあるフィメールクルーの気になる動きをここで紹介しよう。

NYのスケートシーンに風穴を開けた少女たちの骨太なアティチュード

スケートを取り巻く環境は、いつだってメンズ主導で発展してきた。
プロの世界はもちろん、街の小さなパークを見渡してみてもそう。
ところが今、その勢力図に変化が起きようとしている。
スケートキッチン。10〜20代の女の子のみで構成されたスケートチーム。今年、主演映画がサンダンス映画祭で上映さ れ話題を集めた彼女たちは一体どんなプロセスを経て、シーンで地位を確立するようになったのか。そのサクセスストーリーをここで紐解いてみたい。

スケート界の慣習を覆す、内に秘めた反骨心とクルーとの絆

スケートキッチンの存在を初めて知ったのは、インスタグラムで流れてきた1本のムービーだった。男の子に交じって果敢にフリップやグラインドをきめていく姿、その気張らないクールな佇まいに、90年代のガールズアイコンに通じるカリスマ性を感じ、とてもワクワクさせられたのを覚えている。彼女たちはNYを拠点に活動する女の子だけのスケートクルー。それぞれルーツは異なるが、ほとんどが10代の早いうちからスケートを始め、公園で何度か顔を合わせるうち、今の形ができあがったという。クルー結成のキーパーソンとなったのはキャップがトレードマークのニーナ。彼女 が接着剤のような役割を果たし、バラバラに活動していた皆を1つに引き合わせた。

 

転機が訪れたのは2016年、ミュウミュウのショートフィルム『That One Day』への出演がきっかけ。気鋭の女性監督、クリスタル・モーゼルによって見出された原石たちは、その類いまれな存在感で 瞬く間にメディアでひっぱりだことなり、今年の夏には主演映画『Skate Kitchen』がサンダンス映画祭にて正式上映された。本作は若きスター、ジ ェイデン・スミスとの共演も話題を呼び、結果的にクルーの人気をさらに押し上げることになったわけだが、男性が優 位とされるスケートシーン、認められるまでにはずいぶん苦渋も味わったという。レイチェルはチーム名の由来について「ネットのスケート動画によく“女はキッチンに立ってろ”ってバカみたいなコメントがついてるでしょ。だからそれを逆手に取ってやったのよ」と語り、ニーナは「始めた当初は随分からかわれた。けれどトリックが上達すると男の子たちは急にへこへこし始めて、同性以上にリスペクトをしてくれるようになったの」と笑う。外見のクールさもさることながら、内に秘めたカウンター精神もなかなかのもので、それが躍進の原動力となっているよう。時代を変えるパワフルウーマンはいつだって想像以上にタフで、困難をエネルギーに換える素晴らしいセンスを持ち合わせているものなのだ。

 

—latest news of the skate kitchen—

自分たちの名が冠された映画『Skate Kitchen』が公開

2年前、ミュウミュウのショートフィルムへの出演で一躍有名になった彼女たち。今年、その短編を元にした長編映画『Skate Kitchen』がサンダンス映画祭で公開となり大きな話題に。ジェイデン・スミスとの共演も見ものだが、脚本のイメージソースとなった本人たちが劇中でフィクションを演じているのもおもしろい。ちなみに日本では来年公開予 定。


マンハッタン ポーテージの35thアニバーサリーイベントで来日

ファッション界からラブコールが絶えないスケートキッチン。今季はNY発のバッグブランド、マンハッタン ポーテージの35thアニバーサリービジュアルに登場。10月末に東京で開催される記念イベント(※招待者のみ参加可)にゲストとして初来日が決定、またSS2019ではコラボアイテムの発売もされるとのこと。ストリートと密接な関係を持つ、両者 のタッグに注目が集まる。

スクリーンショット 2018-10-18 12.23.59

ピーター・サザーランドの写真集にスケート界のレジェンドと共に参加

マンハッタン・ポーテージ35周年を記念してローンチされるフォトブック『1983』。写真家&映像作家として知られるピーター・サザーランドが手がけるこの作品に、スティーブ・オルソンやレオ・フィッツパトリックらと並んで参加!10月27日から原宿の旗艦店にて35冊限定のプレゼントキャンペーンが開催されるので、気になる人は早めにチェックを。

スクリーンショット 2018-10-18 12.24.13

スクリーンショット 2018-10-18 12.24.34

 
PHOTO_Peter Sutherland by Manhattan Portage
TEXT_Yuri Tanaka