PERK

serch
スクリーンショット 2019-08-09 11.36.33

Fashion Story
from PERK No.33 issue

スタイルの軸を作る、
私らしいスタンダード

2019.08.19 fashion

何年経っても着ていたい、ずっと持っていたいと思うものって、
一体どれだけあるだろう。
トレンドに左右されることなく、いつも自分らしいスタイルを作ってくれる。
そんな私だけのスタンダードを見つけたい。

ずっと着たいと思わせる、
その理由について

来年も再来年も、ずっと着たいと思わせる洋服には、どんな魅力があるのか考えてみよう。
今回ピックアップしたのは名作と呼ばれるようなブランドのアイコンたち。
長く愛されているものには、やっぱり素敵なストーリーがあるんだってことに改めて気がついた。

 

 

PRADA/nylon bag

スクリーンショット 2019-08-09 11.36.33

探究心によって始まった
ブラックナイロンの歴史

1970年代後半、ミウッチャ・プラダがまだ見ぬ新しい素材を追い求めたどり着いたのが、「ブラックナイロン」。シルクのように軽く、丈夫で撥水性のあるこの素材を使い、ミウッチャは様々な名作を生み出した。なかでもバックパックは発売当時から長きにわたり愛される名作。

ナイロン バッグパック¥173,880、Tシャツ¥38,880、スカート¥157,680※すべて予定価格(すべてPRADA/プラダ クライアントサービス)

 

 

SAINT LAURENT/rider’s jacket

スクリーンショット 2019-08-19 18.02.30

ライダースの最高傑作と呼び声高い
ブランドのシグネチャー

メンズライクなアイテムながら女性らしさを感じさせるのは、コンパクトなサイズ感と最上級のラムスキンの柔らかい質感があってこそ。サンローランのライダースは他ブランドと一線を画すオリジナリティと気品に溢れている。着込むたびに身体に馴染む、まさに一生ものの1着。

ライダース¥594,000、Tシャツ¥46,440、パンツ¥83,160(すべてSaint Laurent/サンローラン クライアントサービス)

 

 

THE ROW/jacket

スクリーンショット 2019-08-19 17.21.48

一度袖を通してみればわかる
テーラリング技術の素晴らしさ

ウールとシルク混のハリ感がある上質な素材を使用した、腰下までのレングスのシルエットが特徴的なノーカラージャケット。オーバーサイズながら女性らしいシルエットを表現できるのは、ブランドが得意とするテーラリングの技術があるからこそ。

ジャケット¥464,400、トップス¥131,760(ともにTHE ROW/ザ・ロウ・ジャパン)、シューズ¥54,286(EYTYS/エドストローム オフィス)、左手人差し指¥124,200、右手人差し指上
¥127,440、下¥86,400、中指上¥127,000、下¥172,000、薬指上¥86,400、下¥57,240、小指上¥29,160、下¥29,160(SHIHARA/シハラ ラボ)、イヤリング¥26,460(KNOWHOW/ノウハウ ジュエリー)

 

 

Maison Margiela/knit pullover

スクリーンショット 2019-08-19 17.53.34

自由なレイヤリングを実現した
理想のニットプルオーバー

ミニマルに見えてデザイン性の高い、多様的なメゾン マルジェラのニットプルオーバー。袖のカットアウト部分から腕を通したり、後ろで結んでベストへチェンジしたりと、トレンドに左右されることのない豊かな発想のデザインは、日々のスタイリングに様々な可能性を与えてくれそう。

ニットプルオーバー¥99,360、パンツ¥92,880(ともにMaison Margiela/メゾン マルジェラ トウキョウ)、パンツに通したストリング スタイリスト私物

 

 

Carhartt WIP/coverall

スクリーンショット 2019-08-19 17.35.53

スタイリングに遊びを効かせ、
ワークウエアの多様性を考える

ダックキャンバス生地を使用したカバーオールは、カーハートを代表する名作のひとつ。シャツやタートルネックなどを合わせれば、いつもと違った印象のスタイリングへとチェンジ。普遍的なワークウエアも合わせ方次第で、時代に合わせたトレンド感を楽しめる。

カバーオール¥32,400(Carhartt WIP/カーハート WIP ストア トーキョー)、シャツ¥30,240(OUR LEGACY/エドストローム オフィス)、その他 スタイリスト私物

 

 

BURBERRY/trench coat

スクリーンショット 2019-08-09 11.46.30

時代を越えて愛され続ける
王道のトレンチコート

ブランドのアイコンであるヘリテージ トレンチコートのシリーズが昨年リニューアルし、ヴィンテージを基にリモデル。その中でもオーバーサイズのウエストミンスターは、クラシカルとモードが程よく共存しているのが心地良い。10年先も20年先も、ずっと楽しむことができる予感。

トレンチコート¥291,600、シャツ¥84,240、パンツ¥84,240、イヤリング¥33,480※すべて予定価格(BURBERRY/バーバリー・ジャパン)、スニーカー スタイリスト私物

 

 
PHOTO_Yusuke Miyazaki(SEPT)
STYLING_Keiko Hitotsuyama(SLITS)
HAIR_MIHO EMORI(KiKi)
MAKE_Kie Kiyohara(beauty direction)
MODEL_Kovich, Alice