PERK

serch
lanvin0005

LANVIN en Bleu PRESENTS Exposition "L'ATELIER"

旅を創作の出発点とした
ユニークな合同アート展が開催中

2019.04.02 art event fashion store

<ランバン オン ブルー>が5名4組のアーティストとともに
ブランドのルーツであるパリをインスピレーション源とした
アート展「L’ATELIER(ラトリエ)」を4月7日まで開催している。
併設されたスーベニアショップで販売されている
ブランドと参加アーティストによるコラボプロダクトも素敵です。

lanvin0008

lanvin0010

lanvin0011

lanvin0012

<ランバン オン ブルー>のルーツ、
パリからのインスピレーションを
アートワークへと昇華

 今回のグループ展のアーティストキュレーション及びアートディレクションを手掛けたクリエイティブスタジオ「YAR(ヤール)」によれば、本展の構想は「旅」が重要なキーワードになっていたという。<ランバン オン ブルー>のルーツであり、今年130周年を迎えるフランス最古のメゾン<ランバン>の歴史を振り返ってみた時、創業者ジャンヌ・ランバンもまた旅を創作のインスピレーション源としていたことで知られる。そうした先人の教えに習い、今回参加した5名4組のアーティストも実際にパリへと旅をすることで、作品制作の出発点を見つけてきたのだと教えてくれた。
 

 

lanvin0020

 会場となった渋谷の「THE CORNER」にはCOLLIU(コリュ)、河村康輔とYOSHIROTTENによるUTOPIE(ユトピー)、SAIKO OTAKE、RYOHEI SASAKIの4アーティストによって作られたアートワークがエリアごとに展示され、<ランバン オン ブルー>のロゴ「ダブルJLマーク」のオブジェクトにアートワークを施した唯一の共同制作作品は入り口に鎮座。アートギャラリーのように洗練された空間からは什器も含めて随所に抽象化されたパリのイメージを感じることができ、それこそジャンヌ・ランバンが旅を通して得たインスピレーションを洋服や香水へと具現化した、その奥ゆかしい創造力に共鳴するものではないだろうか。訪れることでアートを目にし、パリを感じ、その先に<ランバン オン ブルー>が見えてくる。4月7日までの会期中に是非足を運んでみてほしい。

 

lanvin0042

COLLIU(コリュ)による作品『Woman in Repose』

 

lanvin0050

UTOPIEによる作品『UTP-01〜06』

 

lanvin0031

SAIKO OTAKEによる作品『VERRE』、『POLO』、『RAQUETTE』、『VENTILATEUR ÉLECTRIQUE』、『MAGIQUE』、『TRICÉRATOPS』

 

lanvin0023

lanvin0030

RYOHEI SASAKIによる作品『chp:9 sec:1/8〜8/8』、『chp:10 sec:1/8〜8/8』、『against language』

 

lanvin0015

映像ディレクター、YUSUKE ISHIDAによって撮影/編集されたパリ滞在の記録映像。

 

lanvin0061

lanvin0065

lanvin0067

lanvin0070

lanvin0073

 

 

TEXT_YOHSUKE WATANABE

information

会場:the corner
住所:東京都渋谷区神宮前5-29-1 J529ビル
会期:2019年4月7日(日)まで
開催時間:11:00-20:00
入場料:無料