PERK

serch
スクリーンショット 2019-06-20 10.17.35

Goat Girl
from PERK No.32 issue

DIYマインドで遊ぶのが
ロンドンガールのリアル

2019.06.20 interview

昨年の来日ライブも大盛況だった女性4人組インディーロックバンド、
ゴート・ガールに彼女たちの地元ロンドンで会ってきた。
音楽性にも通じるような、ハイプとは無縁な等身大のロンドンライフを、
ホームタウンならではのリラックスした雰囲気で話してくれた。

day outーin
London

Goat Girl (ロックバンド)

 

AM 11:00/Eel Pie Records

メンバーの父親が経営する
レコードショップで待ち合わせ

スクリーンショット 2019-06-20 10.17.35

ロンドン・ブリッジ駅のすぐ近くにある複合施設「 ヴィネガー・ヤード」の中にあるこのレコードショップは、ドラムのロージーの父親が経営している お店なのだとか。そしてギターのエリーが働いているというから驚き!

 
Eel Pie Records
住所_72-82 St Thomas St,London SE1 3QU
営業時間_11:30〜21:00(木〜日)
定休日_月〜水
URL_www.eelpierecords.com

スクリーンショット 2019-06-20 10.18.10
Lottie(Vocal&Guiter)
スクリーンショット 2019-06-20 10.17.55
Ellie(Guiter)

最近は非営利でやってる場所に
ギグを観に行くことが多いの

スクリーンショット 2019-06-20 10.18.36
Rosy(Drums)
スクリーンショット 2019-06-20 10.18.23
Holly(Bass Guiter)

地元コミュニティへの
リスペクトを忘れず

今回 4人を取材したヴィネガー・ヤードをはじめ、彼女たちがオススメしてくれたスポットは、地価の高騰やブレグジット(イギリスの欧州連合離脱問題)によって混沌とする ロンドンのイメージとは少し違う、小規模でアナログな、昔ながらのコミュニティが残る場所という印象で驚かされた。「最近はペッカムにあるスペースやダルストンにあるセットみたいに非営利でやってる場所にギグを観に行くことが多いの。お金のあるバンドばかりじゃないからね……。ボランティアに関心があるっていうわけじゃないけど、非営 利的にコミュニティが支え合うことで金銭的に悩んでいるバンドがギグの機会を得られるのは素晴らしいことだと思うわ」。海外ツアーを行うほど人気バンドに成長した今も、地元コミュニティへのリスペクトを忘れずにいる彼女たち。4人にとってロンドンは音楽的にどんな影響を与えてくれているのだろう。「もちろん良い影響もあるわ。この街に はいろんな刺激があって、いつもあたらしい出会いやイベントがあるから。でも同時にすごく消費的で移り変わりの激しい場所だから、この中でわたしたちみたいな若い女性が自分自身を表現していくことは 簡単ではないの。サウスロンドンの音楽シーンも今は変化の時期で、いろんな才能を持ったアーティストはたくさんいるけど、みんな自由なク リエーションをするのがどんどん難しくなってきているように感じるわ。リハーサルのスタジオ代も馬鹿にならないし時間も決められてしまうから。だからわたしたちも次のア ルバムは田舎の方で作ろうと決めたの。時間と場所に余裕を持って、頭をクリアにして音楽に寄り添えるようにね。もちろんロンドンがアメージングな街であることに変わりはないからすぐに戻ってくるけどね 」。メンバーチェンジを経て、環境も自分たちで 変化させながら、彼女たちがどのように音楽を進化させていくのか。昨年以来の来日ライブとあわせて楽しみに待ちたい。

recommend spot
お金をかけずに楽しんで!
4人のオススメスポット

〈spot:1〉
スクリーンショット 2019-06-20 10.15.35

Vinegar Yard
都心のオアシス的な新スポット

4月にオープンしたばかりの、フードマーケットを中心とした複合施設。週末には蚤の市も開催されるなど連日多くの人で賑わっている。紹介したレコードショップ「イール・パイ・レコーズ」もここにある。

住所_72-82 St Thomas St,London SE1 3QU
営業時間_[外エリア]12:00〜21:00(月〜金)、11:00〜21:00(土日)、[室内エリア]12:00〜22:00
URL_ www.vinegaryard.london/

 
〈spot:2〉
スクリーンショット 2019-06-20 10.16.05

SET Space
尖った音楽/アートを非営利で支援

実験的な芸術活動の支援のために2016年にダルストンにオープンして以来、非営利団体として活動するスペース。「会場も無料で使えるしアートエキシビションとかもやっていて雰囲気の良い場所」と4人もお気に入り。

住所_27A Dalaston Ln,Dalston,London E8 3DF
営業時間_8:00〜24:00
TEL_+44-20-7923-0348
URL_https://setspace.uk

 
〈spot:3〉
スクリーンショット 2019-06-20 10.16.22

The Shacklewell Arms
インディロック好き憩いの場

イーストロンドンのシャックルウェルにある、この街のインディロックシーンを支える名ベ ニュー。ほぼ毎晩深夜までギグが開催され、しかもその多くが無料か低料金で見られるという、バンド好きには天国のような場所。

住所_71 Shacklewell Ln,Hackney Downs,London E8 2E

営業時間_17:00〜深夜(月〜木)、16:00〜翌3:00(金土)、16:00〜深夜(日)
TEL_+44-20-7249-0810
URL_ www.jdwetherspoon.com

 

〈spot:4〉
スクリーンショット 2019-06-20 10.16.41

The Rochester Castle
若手アーティストも集う激安パブ

JDウェザースプーンという会社が運営し、国内で900店以上を展開するパブチェーン。古き 良きパブの面影を残した雰囲気と、どこよりも安くお酒を飲める良心価格が魅力で、地元の若手アーティストにも人気なのだとか。

住所_145 Stoke Newington High St,Stoke Newington,London N16 0NY
営業時間_8:00〜24:00
TEL_+44-20-7249-6016

URL_ www.jdwetherspoon.com

 
〈spot:5〉

スクリーンショット 2019-06-20 10.16.56

DIY SPACE FOR LONDON
ロンドンの中心でDIY精神を体現

3年間の募金活動を経て2015年にオープンしたサウスロンドン、ベッカム地区にあるソーシャルセンター。ボランティアや寄付金によって運営されていて、ライブスペースのほかにパブやグッズショップも併設されている。

住所_96-108 Ormside St,London SE15 1TF
営業時間_12:00〜23:30(月〜木)、12:00〜24:00(金土)、12:00〜23:00(日)
TEL_020-7635-9470
URL_ diyspaceforlondon.org

スクリーンショット 2019-06-20 10.17.12

こちらは昨年発表されたデビューアルバム。『Goat Girl』。

information

Goat Girl

続々と新しい才能が登場し、世界で最も勢いのある音楽シーンのひとつに急成長しつつあるサウスロンドンを象徴するガールズバンド。

instagram_ @goatgirlofficial