PERK

serch
名称未設定 3

Takeshi Masada
Exhibition at The Mass

原宿のThe Massギャラリーで
画家、政田武史さんの個展が開催

2017.10.31 art event

政田武史さんと聞くと、映画『テキサス・チェーンソー』の
1シーンを油彩で描いた強烈な作品を思い出す。
油彩画ならではの立体感と美しい色彩感覚、
そしてツボをついたモチーフ選びが好きだった。
そんな政田さんの最新個展が11月18日から始まるようです。
今回のタイトルは『不機嫌なヤマビコ、加速するアポトーシス』。
全貌は明らかになっていないけど、先行発表された作品たちは
適度に抽象的でありながら、感情が渦巻いているというか
なんとも言えない生命力を感じる。
油彩画だけでなくクレパスを使用した作品も面白そう。
そして個展開催の発表にあわせて公開された、ストーリー(?)が
とても面白かったので、こちらの記事でも紹介しておきます。
展示内容の想像を掻き立ててくれる素晴らしい文章。
さらにより深く知りたいという方は、11月25日(土)に予定されている
政田さんと石原友明(現代美術作家)さんによるトークショーを
目掛けて足を運ぶのが良いのではないでしょうか。

a

「不機嫌なヤマビコ、キレ気味のヤマビコ、それは A子のココロ模様」 Oil on canvas 1303x970mm

 

b

「夢は現実のよう、現実は夢のよう」 Oil on canvas 1455x1120mm

 

c

「ふもとの骨の飾り」クレパス、ミクストメディア

 

 

 

『主人公A子が長年付き合っていた、恋人のA男(同じ会社の先輩)を、可愛がっていた後輩のB子に略奪されるところから始まります。

 

A子は気丈に振舞うも、どんどん怒りと嫉妬で気が触れていく。
ある日、A子が外を歩いていると、犬を散歩させている飼い主がその犬の糞を外のゴミ箱に捨てるのを見てしまい、頭の中で言葉にならない声を聞く。
A子はそのゴミ箱からゴミを盗み、「嫉妬」や「怒り」や「恨み」や「自己肯定」などが入り乱れた、言葉に出来ない感情と共にそのゴミを B子の家の前まで持って行き、玄関前にぶちまけて逃走し、過度な興奮と、その後に押し寄せる強烈な虚しさの波に、A子はさらに病んでいく。
しかし、一旦味わった興奮が忘れられずまた繰り返し、色々なゴミを不定期にB子の家の玄関前にぶちまける。

 

A子は引きこもるようになってから、お酒の量が増えた。ある夜ディスカウントショップからの帰り、交差点の歩道と車道の境目にあるマンホールの穴からドブネズミが頭を出し、キョロキョロしてはすぐに頭を引っ込めを繰り返していた。

 

そのコソコソとした行動から、A子はB子を思い出しアドレナリンが分泌されるのを感じた、その瞬間、ドブネズミが向かい側の歩道へと向かって走り出した。

 

そんなA子が見守るなか、ドブネズミは走り続けるが、向こう側へ着く寸前、左から来た車に轢き潰される。

 

「B子も、こうなれば良いのに」とつぶやき、家へビニール袋を取りに帰り、また轢かれて死んだドブネズミの所へ戻り死骸をビニール袋の中へ入れ、B子の家の玄関へ向かう。

 

A子は細心の注意をはらい、つぶれたドブネズミの死骸をB子の家の玄関ドアポストへ、半分だけ押し込み「あるべき自分の姿を見ればよろしくってよ!」と言いながらドアを蹴り、A子は何事も無かったようにその場を立ち去った。

 

帰宅後A子はお酒が進むにつれ、どんよりとした気持になり、もしかしたらB子はこんなことをしてる自分の事を哀れみを込めて嘲笑し、ネズミの死骸にまで可愛い名前をつけて愛でているかも知れないという妄想にさいなまれ、A子は憎悪と闇を深くしていった。

 

度々A子は、この間のマンホールを無意識に眺めてしまう。

 

ある日、家に向かって歩いていると一匹の黒ネコが目の前に現れ、足にまとわりついてきたのでしゃがんで頭を撫でてやった。しかし、急にA子のアドレナリンが分泌され「B子のようなドロボーネズミには、ネコの戒めがぴったりなんじゃないのか!」と、咄嗟にその黒ネコの首を絞め始めた。黒ネコは驚き、瞬時に瞳孔が大きく広がった。その瞬間、命を奪う感覚に耐えきれず、手を緩めた。その隙に黒猫は暗闇の中へ消えていった。

 

A子は帰宅し自分のしようとしたことに嫌悪し、泣きながらお酒に飲まれて、気を失うように眠ってしまった。

 

翌朝、A子は頭痛と共に目を覚ました。定期的に訪れる頭痛と吐き気。こめかみに両手を押し付けながら唸っていると、テレビから「今、巨大なネズミが、」というリポーターの声が聞こえてくる。

 

どうやら六甲山のどこかの池に全長1mにも達する外来種のネズミが帰化し、繁殖しながら住み着いているらしい。A子は絶叫しながら立ち上がる、が、そのまますぐにトイレへ駆け込み嘔吐した。胃の波打つ引きつりや鼻腔へ逆流する胃液の不快な臭いを感じながらも、A子は便器に顔を突っ込んだまま満面の笑みで吐き続けた。

 

A子はニュースを観て以来、六甲山に居ついた巨大ネズミを捕まえ、B子の玄関先に置き去るというアイデアに取り付かれていた。A子は原付で六甲山へと向かう。山道から少し外れた所から山に入り、人気を感じなくなった辺りにテントを張り、巨大ネズミ探しの拠点にする。数日キャンプをしながら探索をするが、お酒の量が減るわけではなく、持ち込んだお酒や食料が無くなれば、ふもとの最寄駅辺りへ買出しに行く。昼はネズミの探索、夜は焚き火を眺めながらお酒を飲んで泣くという生活を続けているうちに、A子は不思議な夢を見たり、幽体離脱をしたり、光にさらわれたりを経験する。

 

そして、ある日探索からベースキャンプへ帰って来ると食料を置いている所辺りに、何かが居ることに気付く。すると、“その何か”が立ち上がり、A子の方へ振り返ると、人の背丈ほどあるネズミだった。A子は悲鳴を上げ、驚いた巨大なネズミは林の奥へと走りさってしまった。A子はすぐにふもとへ降り、ワイヤーなどを買い込み、ベースキャンプの周りに罠を仕掛けた、が、数日後確かめに行くと罠は綺麗に外され、地面に落ちていた。そこでA子は人工物だとばれてしまうのだと推測し、ツタでロープを作り、太い枝を削って槍を作った。

 

それから、A子は槍を持って、あの巨大なネズミを探して野山を当てもなく駆け巡った。 それと同時にA子は「本当に自分はあの巨大なネズミを観たのだろうか、妄想や幻想だったのだろうか?」という思いにも駆られていた。しかし、とにかく槍を持って野山をかけていると全てのことが忘れられるのだった。

 
そしてA子は再び「巨大ネズミ」に出会う…』

 

 

『The story begins at the point where girl A, the central character, has man A, her long-term lover (and senior worker in the same company) stolen from her by girl B, a junior worker at the same office whom girl A had treated with affection.
While acting courageously, girl A steadily comes to experience feelings of anger and jealousy.
One day while taking a walk, girl A sees a man walking his dog throw the dog’s feces into a garbage can, and hears an unintelligible voice in her head. Girl A steals the trash bag from the same garbage can and, with feelings of “jealousy”, “anger”, “bitterness” “self affirmation” accompanied by other inexpressible emotions, carries it to the front of girl B’s house and throws out the contents before making her escape, feeling excessive excitement and even greater pain from the waves of intense emptiness that follow. However, unable to forget the excitement she experiences, she does the same thing again and again, randomly throwing out different kinds of garbage in front of girl B’s house at different times of the day.
After withdrawing into herself, girl A starts to consume more alcohol. One night on her way home from the discount shop, a sewer rat sticks its head from out of a slit in a manhole between the intersection sidewalk and the road, looks around and then instantly draws it back in, only to repeat the same action. Seeing the rat’s furtive behavior, girl A recalls girl B and feels a rush of adrenaline, and in the same instant the sewer rat makes a dash toward the opposite sidewalk.
Girl A looks on as the sewer rat continues to run, but just as it is about to reach the other side, the rat is hit by a car coming from the left.
While mumbling to herself, “if only girl B could end up like that,” girl A goes to take a plastic bag from home, returns to the same spot where the rat died, places the carcass in the bag, and heads for girl B’s house. With extreme care, girl A pushes the flattened rat’s dead body halfway into the post box in girl B’s front door, kicks the door while saying “If you see your true self, say hello from me!” and then leaves as if nothing had happened.
Girl A returns home, and as the drinking progresses her spirit feels heavy, causing her to mock herself with a piteous sneer for doing such a thing, her hatred and darkness deepening as she torments herself with delusions that girl B might even have given the dead rat’s carcass a cute name and grown fond of it.
Time and again, girl A unconsciously stares at the manhole she’d seen the previous night.
One day while walking home, a black cat appears in front of her and tangles itself around her legs, causing her to crouch down and pat its head. However, girl A’s adrenaline suddenly flares, and with the thought “For a thieving rat like girl B, the admonition of a cat is perfect!” she immediately begins to tighten her hands around its neck. Shocked, the black cat’s pupils widen instantaneously. At that moment, unable to stand the sense of robbing the cat of its life, she loosens her grip, and in the next instant it dashes away and fades into the darkness.
Girl A returns home and, feeling disgusted with what she had tried to do, proceeds to drink while crying to herself, eventually passing out.
The next morning, girl A awakes with a headache. Headaches and feelings of nausea come in pulses. As she groans while pressing both hands to her temple, from the television she hears a reporter’s voice saying, “Now, a huge rat is…” Somehow, a non-native species of rat reaching one meter in length had naturalized in a pond somewhere on Mt. Rokko, and had apparently settled and started to breed. Girl A stands up and screams, but immediately heads to the toilet to vomit. Even with the muscle spasms in her stomach and the unsavory smell of gastric juice flowing back through her nostrils, girl A manages a wide smile as she continues to puke with her face thrust into the toilet bowl.
Since watching the news, girl A becomes obsessed with the idea of catching the huge rat living on Mt. Rokko, and leaving it at the entrance to girl B’s house. Girl A heads for Mt. Rokko on her scooter. Entering the mountain at a point slightly away from the mountain path, she puts up a tent in an area unlikely to attract visitors, making a base from where she can search for the huge rodent. She explores for the next few days while camping there, but the drinking still continues, making a trip to the nearest station necessary when the drink and food she brought runs out. As she continues a routine of looking for rats in the day and drinking alcohol and crying while staring into the bonfire at night, girl A sees strange dreams, and has out-of-body experiences where she is carried away by light.
Then one day as she returns to base camp after her daily exploration, she notices something near the place where the food is kept. The next moment, “that something” stands up and, as it looks back towards her, girl A sees that it is a rat as tall as a person. She screams, and the startled rodent runs back into the forest. Girl A immediately climbs down to the foot of the mountain, and buys wire and other things to set a trap around base camp, but returning to them a few days later finds that they’ve sprung and fallen to the ground without catching anything. Presuming the traps had been discovered because they were made with artificial materials, girl A proceeds to make rope out of ivy, and cuts a thick branch to make a spear.
Then, with spear in hand girl A runs aimlessly around the mountain in search of the giant rat. At the same time, girl A is driven by the thought, “Did I really see that huge rat, or was it some delusion or illusion?” However, in any case she forgets everything as she runs around the mountain holding the spear.
And then, once again girl A comes upon the “huge rat”…』

 

 

TEXT_YOHSUKE WATANABE

information

『不機嫌なヤマビコ、

加速するアポトーシス』

場所_The Mass(東京都渋谷区神宮前5-11-1)

期間_11月18日(土)〜12月17日(日)

時間_12:00〜19:00

休館日_火曜日、水曜日

URL_http://themass.jp/