PERK

serch
PEYTON_B

cover model -peyton knight-

世界で大注目のNEWモデル ペイトン・ナイトに直撃!

2016.09.10 fashion

自身がブランドの顔を務める〈グッチ〉の服を着こなして、今号の表紙も飾ったペイトン・ナイト。
アメリカ出身、17歳の彼女は、〈アレキサンダー・ワン〉の ショーのために、
ワンレングスのロングヘアを個性的なボウル・カットにした。それがきっかけで、人生は一変。
パリやミラノのランウェイも歩き、今や世界を虜にするシンデレラ・ガールだ。
注目の若手モデルの知られざる一面とは? 独占インタビューとともにお届け!

PEYTON_A

“「自分は自分だ」ということを伝えられるように、この仕事を全うしたい

「以前、仕事で日本に来たことがあるんだけど、それまでずっとアニメのような世界を思い描いていたわ。実際もまったくその通りだった! 女の子たちは、ドールメイクで、カラフルな洋服を着ていて、流行に敏感よね」。キラキラと目を輝かせて、話すペイトンは、〈グッチ〉のリュックを背負って、撮影現場にやってきた。

そんな彼女の、ファッションポリシーとは?「これは、自分で買ったのよ。メンズなんだけど、機能性も抜群だし、ラブリーな”GGブルームス”がお気に入り。アレッサンドロ・ミケーレの世界観には、本当にうっとりしてしまう。ラグジュアリーブランドはもちろん素敵だけど、古着でも、たとえメンズでも、気に入ったものを身につけるようにしているわ。秋冬は、柄×柄や、レイヤードスタイルに挑戦したい!」と、自由な視点でミックスコーデを楽しんでいる模様。

時おり知的な眼差しを見せる彼女は、F・スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』を好み、文学少女としても知られるが、最近はボクシングに夢中だというから驚きだ。「〈アレキサンダー・ワン〉のコレクションで、タフな女性像を求められたの。アレックスの世界観はすごく好きだし、彼の理想とするアティチュードを表現したいと思ったのと、友達の影響もあって、始めたのよ。運動になるだけじゃなくて、ストレス発散にもなるし、いろいろと鍛えられるからハマってる。強い精神性はモデルにとって大切なの」。厳しいファッション業界で10代のほとんどを過ごしたからか、地に足のついた早熟な発言が印象的だった。

「着飾るのは小さい頃から好きだったし、ずっと自分のスタイルがあったから、この仕事は向いていると思うの。自分がどんな人かって知ってもらえたら嬉しいわ。私はモデルの仕事を誇りに思っているけど、皆も自分の仕事に対して、そうであってほしい。”自分は自分だ”ということを伝えられるように、この仕事を全うしたいわね」

information

ジャケット ¥718,200、Tシャツ ¥70,200、スカート※参考商品、アイウエア ¥43,200、チョーカー ¥70,200、リング(左手 矢モチーフ) ¥46,440、(左手 一粒グラスパール) ¥72,360、(右手) ¥76,680、ソックス ¥15,120(すべてGUCCI/グッチ ジャパン)

グッチ ジャパン ☎0120-88-1921

popular