PERK

serch
Untitled

Jorja Smith
“Lost&Found”

世界を魅了する新星ディーバの
1stアルバムが遂にリリース!

2018.06.28 magazine music

今年4月にはPERKの兄弟誌GRINDが
コスモ・パイクを東京に呼びWALL&WALLで単独ライブを決行するなど、
この1年間でサウスロンドンから生まれたジャンルレスな楽曲たちが
日に日に私たちのiphone内のミュージックリストをジャックしていく。
じわじわとそのシーンが一時的なものでなはく、本物だということを実感する最中、
世界中の音楽ファンを虜にする新たなディーバ、ジョルジャ・スミスの
ファーストアルバムが遂にリリースされる。

main press shot

圧倒的な存在感を放つ、R&B界の新たな歌姫

若干20歳のジョルジャ・スミス。ネオ・ソウルグループである「2nd Naicha」のリードシンガーである父を持った彼女は幼少期からレゲエやソウル、ロックなどの音楽を聴き、8歳からソングライティングを始めた。ソウルフルで繊細な歌声はモス・デフやローリン・ヒルに影響を受けてきたという。スターバックスの店員として働きながらサウスロンドンを拠点に音楽活動を続けていた18歳の時、サウンドクラウドにアップしたデビューシングル『Blue Lights』をリリースするや否や、スクリレックス、ストームジーがSNSで取り上げ、話題を呼び注目を浴びたのだ。

 


 
昨年3月に発売されたドレイクのプレイリスト名義のアルバム『More Life』では2曲のフィーチャリングゲストとして参加を果たし、その後はケンドリック・ラマーがプロデュース兼キュレーションを務めたサントラ『ブラックパンサー:ザ・アルバム』に参加するなど、彼女の才能は早くから大御所アーティストたちに認められ、その才能は途端に引っ張りだこに。そして今年の1月には過去にアデルやサム・スミスらも受賞した“最も活躍が期待される新人アーティスト”に贈られるBRIT Awardsの〈Critics Choice 2018〉を受賞したのだ。これはインディペンデントシーンで活動するアーティストとして初の快挙であり、いかに今のUKの音楽シーンが若い世代に対して好意的で私たちに寄り添っているのかが分かる。

 


 
そして待望のファーストアルバム『ロスト・アンド・ファウンド』は7月4日に日本盤が発売される。17歳から20歳までの3年間に渡ってジョルジャが作り上げてきた楽曲12曲が収録されている他、歌詞対訳、ライナーノーツ付という内容もファンにとって嬉しいポイントだ。今年の夏にはサマソニに出演も決定し、新星ディーバの初の生ライブが披露されると聞けばもうチケットを押さえるしかないでしょう?生まれ持った才能を感じさせるジョルジャの歌声にこの夏は心も身体も委ねてみて!

 


 
Tracklist:
01.Lost & Found
02.Teenage Fantasy
03.Where Did I Go?
04.February 3rd
05.On Your Own
06.The One
07.Wandering Romance
08.Blue Lights
09.Lifeboats(Freestyle)
10.Goodbyes
11.Tomorrow
12.Don’t Watch Me Cry

information

『Lost & Found』 (ロスト・アンド・ファウンド)

Hostess Entertainment【CD】 HSE-6822

発売日:2018/7/4(水)

定価 :2,400円+税

※日本盤は歌詞対訳 ライナーノーツ ステッカー付