PERK

serch
Unknown-3

about London dance music labels
written by DJ mayurashka

今すぐディグりたくなる!ロンドン発の
ダンスミュージック & ファッション事情

2018.04.27 fashion magazine music

四六時中レコードのことを考え続け、夜な夜なDJに明け暮れるMayurashkaが
インディペンデントな女性にお届けする連載企画。今回はファッションでも音楽でも盛り上がりを見せている
ロンドンの最新ダンスミュージックレーベルについてレクチャーしてもらいました!

 

 

 イギリスの老舗ブランドの<バーバリー>が<ゴーシャ ラブチンスキー>とコラボしたり、インスタグラムをチェックしていると人気アーティスト、モール・グラブやスケーターのブロンディ・マッコイ(1)が<ヴィヴィアン・ウエストウッド>(2)のオーブ物を身につけていたり、<アシュリー ウィリアムズ>のニット(3)を着ていたりで再燃の気配を感じたり。最近イギリスの風はファッションだけでなく、音楽の面でも感じることができる。今回はバンドではなくUKおすすめダンスミュージックレーベルをピックアップ! まずは前月号でも取り上げたシャンティ・セレステ主催の「peach disc」(4)。可愛い桃のロゴと侮るなかれ、ベースがブリッときいてニューエイジ的なシンセが特徴的なCielのトラックは中毒性有。新人発掘登竜門的老舗レーベルであるヤング・タークス傘下「whities」(5)からはやはりアバロン・エマーソンがオススメ。DJとしてフェスなどでも引っ張りだこの彼女。彼女の仕上げる曲は太めのビートにポリリズミックで力強く美しい。私のレコードバックに必ず入る「BERCEUSE HEROIQUE」(6)はDJユースな曲ばかりでない、最新のリリースBENOIT Bの「Japonaiserie」はマリンバの音が特徴的でどこか日本情緒漂うエキゾなアルバム。リゾート感もありながらこれからの季節外で揺らぎながら聴きたい曲を搭載。新鋭レーベル「breaker breaker」(7)からは日本人アーティストRGLがリリース。ブレイクビーツありハウスあり、全曲にロマンティックで宇宙を感じて現実逃避可能。そしてBRADLEY ZERO主催「RHYTHM SECTION INTERNATIONAL(UK)」(8)からもリリースするアーティストCHAOS IN THE CBDが関わる「in dust we trust」(9)はジャジーで温かみのあるディープハウス得意なレーベル。いろんな名前が出てきててイメージ出来ない人はPERKのWEBページをチェック!是非、音源を聴きながらもう一度始めから読んでみてね♡

 

 

①Blondy MacCoy with Viviunne’s orb

1AA0E164-94F0-4DE5-8D9F-1613A0DA723D

 

 

②2018-19 aw Vivienne Westwood

E7AA5A5D-AEBA-42B6-AAD7-985874780D87

 

 

③Blondy MacCoy with Ashley Willams’s knit

EB6E64A0-4D40-45EF-BEA4-15D34C1C59B0

 

 

④peach disc

L-1148126-1485972905-7438.png

 

 

⑤whities

Unknown

 

 

⑥BERCEUSE HEROIQUE

Unknown-1

 

 

⑦breaker breaker

Unknown

 

 

⑧RHYTHM SECTION INTERNATIONAL

Unknown

 

 

⑨in dust we trust

Unknown-1

information

Instagram_@mayurashka