PERK

serch
01_180_gr2

always possessions pt.02

特集
『スタイルの軸となるキーワードたち』(後編)

2017.12.18 beauty cosmetics fashion interior magazine

先週公開した前編(→こちら)に続き
スタイルの軸となるキーワードを紹介します!
どこに行くにも何をするにも、一緒の時間をともにしたいと思える
素敵なアイテムばかり。是非チェックしてみてください!

always possessions 08

T_102 1_gr2

スクリーンショット 2017-12-13 15.32.19

“Car”
どこへ行くにも常に一緒
車はライフスタイルを表すもの

どんな所へも連れて行ってくれる車はまさに第2の足であるとともに、たとえどんな場所だとしても車内は自分だけの空間だ。機能性、シルエット、新車、ヴィンテージカー。何を基準に選ぶかでその 人らしいスタイルが見えてくる。愛車はまさに自分のスタイルを投影する。

 

いすゞ117クーペ¥900,000から(※参考価格)

 

 

always possessions 09

10_072_gr2

スクリーンショット 2017-12-13 15.29.35

“Accessories”
アイコニックなアクセサリーは
自分の個性を印象付ける

遥か昔から女性にとって必要不可欠であるアクセサリーは身につける人の個性を引き立たせ、またそれを印象付けるアイテムだ。どんなにシンプルなスタイリングでも、いつもと同じアクセサリーを身につければあなたらしさを存分に引き出してくれる。

 

(左から)イヤリング ※ペア¥46,440、シルバーピアス¥46,440(ともにCHARLOTTE CHESNAIS/エドストローム オフィス)

 

 

always possessions 10

スクリーンショット 2017-12-13 15.27.26

“Lip stick”
どんなジャンルの服を着ても
女性らしさをプラスするリップ

カジュアル、ミリタリー、ボーイッシュ。ジャンルレスにファッションを楽しんでも女性らしさをプラスしてくれる女性特有のアイコンアイテムといえばこれ。その時の気分で色を選べば、今の自分のムードを表現できる。

 

(左から)パワーマットリップピグメント¥3,564(NARS/ナーズ ジャパン)、リップス ティック¥3,240(M・A・C/メイクアップ アート コスメティックス)、ロレアル パリ バルマンコレクション¥2,376(L’ORÉAL PARIS/ロレアル パリお客様相談室)

 

 

always possessions 11

01_180_gr2

スクリーンショット 2017-12-13 15.33.02

“Street brand”
ストリートカルチャーと
ともに毎日を過ごす

PERKガールに欠かせないストリートカルチャーをいつもファッションのどこかに取り入れる。トレンドやお洒落は楽しみつつも、タフなストリードマインドを 忘れずに。本特集ではロンドンの新鋭ブランド、ヤードセールをチョイス。

 

トップス¥19,440(Yardsale/プルーヴ)、
ブルゾン¥14,904(※Vintage/ラボラトリー/ベルベルジン®)、パンツ¥44,280(ALEXANDER WANG/アレキサンダー ワン)、ブーツ¥ 275,400(Sergio Rossi/セルジオロッシ カスタマーサービス)、ピアス¥4,104(k3&co./ケイスリー オフィス)

 

 

always possessions 12

05_046_gr2

スクリーンショット 2017-12-13 15.33.44

“Men’s brand”
メンズブランドだって
ジャンルレスに楽しむスタイル

せっかくお洒落を楽しむならメンズブランドまで視野を広げるフットワークの軽さがあってもいい。好きなカルチャーや、大事な仲間が手がける服ならば、性別の固定概念なんて捨てちゃっていい。

 

ジャケット¥75,600、シャツ¥28,080(ともにWACKO MARIA/パラダイストウキョウ)、
パンツ¥28,080(HYKE/ボウルズ)、ヴィンテージセリーヌのバッグ¥68,000(※ Vintage/ザ ブリスク)、ピアス¥60,480(CHARLOTTE CHESNAIS/エドストローム オフィス)、リング右手人差し指¥124,200(SHIHARA/シハラ ラボ)、シューズ¥ 62,640※参考商品(JOHN LAWRENCE SULLIVAN/ジョン ローレンス サリバン)、ネックレス スタイリスト私物

 

 

always possessions 13

07_113_gr2

スクリーンショット 2017-12-13 15.28.27

“Denim”
定番アイテムのデニムほど
どう着るかでスタイルがわかる

シンプルなアイテムこそ自分らしくどう着るか腕の見せどころ。定番アイテムのデニムはスタンダードだからこそデザインのバラエティが豊富。その中から何を選ぶか、またどう組み合わせスタイリングするかでその人らしさがよくわかる。

 

ジャケット¥105,840、デニムコルセット¥46,440 ※ともに参考価格(ともにBEN TAVERNITITM UNRAVEL PROJECT/イーストランド)、パンツ¥25,920(REBUID by NEEDLES/ネペンテス)

 

 

always possessions 14

06_235_gr2

スクリーンショット 2017-12-13 15.29.09

“Designer philosophy”
バックグラウンドがわかる

足元で個性を主張する

足元に何を選ぶかは、その人のスタイルがよく現れるポイントの1つ。セットアップにスカート、ドレスを着ていてもスニーカーやドクター・マーチンを履いていれば、その人がもっている反骨の精神や、サブカルチャーへの愛情などを感じることができる。

 

シューズ¥9,180(※Vintage/ボストック)、
ジャケット¥93,960(TOGA PULLA/トーガ 原宿店)、ドレス¥181,440(MSGM/アオイ)

 

 

 

PHOTO_Mitsuo Okamoto
STYLING_Keiko Hitotsuyama(SLITS)
HAIR&MAKE_Shinya Kawamura(mod’s hair)
TATTOO DESIGN_Kaji JOYTOWN TATTOO
MODEL_Aino