PERK

serch
7808217b9b29993fdb67deb599a04b3d

Interview with OSUZU(8UEDE)

ジュエリーデザイナー、
モデルとして活躍するおすずさんに
“センスを磨くアイディア”を聞きました

2017.11.02 fashion interview magazine

昨日公開した中津由利加さんに続き、
今回はモデルであり、ジュエリーブランド<8UEDE(スエード)>の
デザイナーとして活躍するおすずさんにスタイルのアイディアを聞いてきました。
民族衣装へのこだわりや、この秋スタートしたばかりの新ブランドについてなど
読み応えのあるインタビューになっています!

_YS_0088本番 のコピー

ジュエリーデザイナー、モデル。現在まで20~30カ国を旅し、様々な国の文化や民族衣装に触れてきた。この秋にローンチしたばかりの<8UEDE(スエード)>も注目を集めている。

 

 

Interview

 

文化が反映された
民族衣装を
東京らしく着こなす

 ベトナム、タイ、中国、モロッコなどのアジアの少数民族の衣装はおすずさんのファッションに大きな影響を与えてきた。その服の佇まいには宗教や、気候、文化なその理由があり、ひとつひとつの服には想いがある。量産のために作られていないプロダクトはモノが溢れている今の日本にファッションの在り方に、大切なアイディアをそっと教えてくれる。
 「わたしが少数民族の民族衣装に初めて魅かれたのが20年前、ベトナムに旅をしたとき。そのときに出逢ったのが赤ザオ族の民族衣装。藍染は干して、乾かしての30分の工程を1日に2回行い、手が真っ黒になるまでそれを1ヶ月間続けて作られた服は家族を幸せにしたいとか、子供が健康に育って欲しいという願いが込められています。また、量産される為に作られていないので、何ひとつとして同じものがないんですよね。なので、購入してから20年が経過した今でも大切に着たいなと思うことができて、そんな民族衣装に対してとても魅力を感じるんです。アジアの人たちや少数民族の人たちは陸続きなので、自分がそういう民族かということで服で表現するために民族衣装を着ているのでその誇りというものにも憧れている理由のひとつかもしれません。ファッションでもジュエリーのデザインでもそんな民族衣装の在り方からアイディアを与えられていて、普段生活している東京で素敵な民族衣装をどうやって素敵に着られるのかを考えています。
 昔から様々な国の民芸品も好きで集めていました。現在のジュエリーデザインをするきっかけにも結びついており、なぜそのデザインになったのかを知りたいという願望がとてもあります。形ひとつにしてもなんでこうなるんだろうって。分からないことは、現地の国の人に直接聞いたりもします。例えば、モロッコの代表料理であるタジン鍋が何故ああいう形なのか。モロッコでは常に水が不足しており、水がとても貴重なもので、上がった水蒸気が三角の形によってまた落ちると言う仕組みであのデザインが完成されているんです。そういったように、何かの形とか、それになったのには理由があって。それを知るのが好きなんです。民族についての本や資料を見て悦に浸っています(笑)。そうなった想いや文化背景を理解するともっとそのものを大切にできる気がします。実際にモロッコで購入したラグやグラスは自宅でも使っており、眺めているとまた旅に行きたくなっちゃいますね……(笑)
 普段はカジュアルな服の上にさらっと民族衣装を羽織ったり、古着とMIXさせたスタイルでシンプルに着ています。スタイリングを格上げしてくれるマルジェラのシューズと合わせることが多いですね。最近、ベトナムに行った時は、アオザイのワンピースを生地から仕立ててもらいました(P46着用ワンピース)。本来はシルクを使うことが多いですが、コットンやリネンで作ると素敵そうだなぁと思い、生地を購入して直接現地の職人さんにお願いしたら2日間くらいで仕立ててくれて。生地違い、色違いで仕立ててもらったので、この夏はアオザイしか着てないなーってくらい毎日着ていました(笑)。ベトナムの人はこれをもっと身体にフィットして着ているのですが、東京の生活の中では窮屈になりそうだったので大きく作ってもらいました。現地で購入した民族衣装を東京にいるときはどういう風に着たら素敵なんだろうっていつも考えているんです」。

 

 

style 01

_YS_0152本番 のコピー

本来は裾部分を結んで腰に巻いて着る赤ザオ族の民族衣装を羽織ったスタイル。カジュアルな白Tシャツとデニムパンツ、マルジェラのモダンデザインのサンダルを合わせてシックなスタイルに。

 

style 02

_YS_0292本番 のコピー

トップスはインドの遊牧民ラバリ族のメンズの民族衣装。イギリス軍のミリタリーパンツをMIXし、鮮やかな刺繍が際立つカジュアルな雰囲気に昇華。

 

style 03

_YS_0341本番 のコピー

黒ザオ族のガウンは襟元のフリンジ装飾が魅力的。インナーは30年代のアメリカのスウィムウエアだというから驚き。そこにマルジェラの足袋ブーツを合われて一気にモードに。

 

 

 

Idea source 01

 

実際に旅先で訪れて買う
思い入れのある民族衣装たち

今まで20〜30カ国を旅してきたというおすずさん。興味を持った国には、その国の文化や街の暮らしを見るために一人で旅に出ることもあるそう。五感を研ぎ澄ませて触れる民族衣装は洋服以外のインスピレーションも与えてくれる。

 

①20年前に購入した赤ザオ族の民族衣装(ベトナム)

_YS_1047本番 のコピー

IMG_6187

「一番思い入れのあるこの衣装は、山岳少数民族「赤ザオ族」のもの。糸作りからすべて行い、1つの衣装を作るのに1年ほどかけるそう。20年経ち、藍色も生地も柔らかく優しい風合いが出てきました。最近、この民族に会いにベトナムのサパを訪れ、変わらずにこの衣装を纏い生活していることに改めて感動しました」。

 

②付け襟感覚で身につける赤ザオ族のベストトップス(ベトナム)

_YS_1053本番 のコピー

IMG_6079

「同じく赤ザオ族の民族衣装は上のトップスの中にレイヤードをして着て、日本でいう付け襟みたいな感覚で装うんです。よく見ると鮮やかな色の糸で細かく、丁寧に刺繍がされているんです」。

 

③ジェダイのモチーフとなったモロッコのジュラバの民族衣装(モロッコ)

_YS_1038本番 のコピー

IMG_5744

「砂漠では暑さから身体を守り、風通しも良いので服の中で砂がたまりにくい作りになっているんです。暑い国の服はその環境にに適した服作りが魅力ですよね。スターウォーズのジェダイはこのモロッコの伝統的なジュラバの民族衣装から着想を得ているそうです」。

 

 

 

Idea source 02

 

冬の防寒に最適なファーは
本来の服の意味を教えてくれる

冬になるとアウター、帽子や手袋、ブーツで全身をファーで覆うというおすずさん。ファーが着られるようになった起源である「防寒」の為に作られたルーツを思い出される。

_YS_1067本番 のコピー

「自転車に乗るので冬になるとファーは必需品になります。特に帽子は外せません。防寒をするにはやっぱりファーが一番心地よくて、結果全身ファーになってしまいます(笑)。日本の古着屋さんでファーアイテムを買う事も多いです」。

 

 

 

Idea source 03

 

旅先で見つけた家具を
東京のライフスタイルに

その地域の文化や特性はデザインに表れる。何故その形で、何故その素材なのか。そんな素朴な疑問をひとつひとつのプロダクトに問いかければより中身のある生活が送れる。おすずさんのライフスタイルにもすっかりと馴染んでいる。

 

①ピエール・ジャンヌレのインド国宝の椅子

_YS_1005本番 のコピー

インド北部の中核都市、チャンディーガルの都市計画のために製作された椅子。現在はインド政府が国宝として保存活動を開始しているが、元々インドの図書館で使われており、希少価値も高い。原始的で、余計なものが省かれたデザインが魅力的だ。

 

②モロッコのグラスとベトナムバッチャンの茶器

_YS_1024本番 のコピー

サハラ砂漠に住むベルベル族の織る伝統的なラグ。砂漠の砂は温度を保つ働きをほとんどしないため、太陽の照りつける間は灼熱だが日が沈めばあっという間に冷えてしまう。砂漠地帯の過酷な環境を生き抜くために手織りされた羊毛のラグ。

 

③モロッコの遊牧民が織るラグ”ベニワレン”

_YS_1030本番 のコピー

モロッコで買ったグラスは現地のレストランで実際に使われており、国民に根付いたグラス。普段現地の人はミントティーをすすっているが、おすずさんはこれで酵素を飲んでいそう。

 

 

 

COLUMN

 

自然から派生したデザインが
魅力のスタイリッシュなジュエリー

この秋にローンチしたおすずさんのジュエリーブランド<8UEDE(スエード)>。水の雫や葉、雄大な砂漠、邪気を祓うお守りとして鈴などがモチーフ。ウッドを使用した大振りのデザインのバングルや水の流れをイメージしたブレスレットなど、繊細なデザインに魅了される。使っていくうちに肌に馴染み、モノがたくさん溢れてる時代に深みを感じるスタイリッシュなデザインとなっている。
(左から時計回り)リングチョーカー[シルバー]¥42,120、アヒールスクエアピアス¥64,800、カランウッドカフ[L]¥36,720、カランウッドカフ[S]¥19,440、カウフマン[シルバー]¥88,560、リングピアス[シルバー]¥51,840(すべて8UEDE/スーパー エー マーケット)

_YS_0996本番 のコピー

information

問_スーパー エー マーケット

TEL_03-3423-8428

INSTAGRAM_https://www.instagram.com/8uede/